昨年九月、突然急性膵炎に侵されたランパパ





お陰様で今はすっかり完治しました


かなり重症で命の危険にも晒されたのですが


ある不思議な力が働き、医者が驚くほどの回復力をみせました


今になってやっとその時の事をブログに記す気持ちになりました






職場で急に気分が悪くなり総合病院に救急搬送されたランパパは、救急救命室で急性膵炎と診断され入院、翌日から20日間集中治療室での治療を受けました。
その時の事を彼に聞くと「全身を竹槍で突かれているような痛み」だったそうです。
病状はどんどん悪化し、全ての臓器の機能が低下していき、主治医と家族との面談では 「命が危険に晒されている。一命を取り留めたとしても後遺症による介護が必要になり、気管切開による人工呼吸で一生声が出せなくなるかもしれない」と、かなりショッキングな説明を受け、もう目の前がま真っ暗になる思いでした。
家に居てもいつ病院から悪い知らせが来るかと落ち着かず涙が止まらない日々でした。

そんな時、ある朝何気なくテレビをつけると、タレントが林業体験をしている番組をやっていました。暫く観ていると、樹を切る前には必ずお祈りをしてから伐採するものだ、との事。

ハッ!

もしかして、、、

ランパパは少し前に檜木を2本、チェーンソーで伐採したよね?

すぐに娘とそれに関する情報を検索したら、出て来る!出て来る! 何の考えもなく樹を伐採する事による災いが数々。 ある程度の樹齢、もしくは太さの樹を切った人は脳血管が切れて命がなくなるだの、実のなる樹を切るとその家の女性に災いが降りかかるだのとかたくさんの症例が!

ランパパは樹齢20年位の檜木2本を何のお祓いもせず切ったではないか!
その樹に宿る木の神、木龍神様の怒りに触れたのではないか?

次の日は、二人の娘とランパパの兄との四人で伐採現場に行き、榊と生米、粗塩を切り株にお供えし、周りにはお神酒を撒き手を合わせ謝罪参りをしました。

もちろん、ブログやSNSに載せた伐採写真や動画は全て削除しましたとも!

すると、翌日からのランパパの身体の様々な数値が徐々に良くなっていくのです。身体中に付けられた管が日に日に少なくなって気管挿管による人工呼吸を10日間で外し意識が戻りました。
それからは毎日面会に行くたびに出来なかったことが出来るようになっていて(経口による水分摂取、寝たきりから車椅子に座れる、リハビリなど)、20日目には一般病棟に移ることができました。 一般病棟でも主治医やリハビリの先生も驚くほどの回復力で、年内の退院は無理だと言われていたけれど34日間の入院生活で済んだのです。
最後の面談では、「結局、急性膵炎の原因は不明でした」と主治医に伝えられましたが、木龍神さまのお怒りが原因です、、、なんて言いませんけどね。






退院後は本人も連れてもう一度現場に行き謝罪と感謝をし手を合わせて来ました。





私は無宗教だし霊的な事も信じない方ですが、日本の萬神様の存在は信じたいです。
土地の神、水の神、石の神、そして神社などにある御神木。神様が宿る物はあると思います。
新築する際の地鎮祭も災いが起こらないよう神様にお願いするものですしね。






もしも、原因不明の病やあまり宜しくない事で悩んでおられる方がいらしたら、何かの神に障りある事が原因かもと考えることも必要ではないでしょうか。
庭に池を作ったり庭石の移動や敷地の樹木を切ったら家族の誰かの体調が悪くなったとか、この事かあってからそんな話を聞くことが少なくありません。そんな時はまずお祓いをすればもしかしたら良い方向に向かうかもしれませんね。


ところで、2ヶ月間でかなり体力が衰え体重も激減してしまったランパパは、ストイック過ぎるほどの筋トレと食事管理で元どうりの体調に戻り、今週末にはいよいよディスク大会に復帰します。
まさか今シーズン中に大会に出れるとは考えもしなかったので本当に嬉しいです。






懸命の治療や看護をしてくださった先生や病院スタッフの皆様に感謝!
心配し励ましてくださった皆様に感謝!
伐採をお許しくださった木龍神様に感謝!
何よりもランパパの生命力に感謝!

今は、私のそばに夫がいてくれる、それだけで本当に幸せを感じています。


生きていてくれてありがとう。




ご訪問ありがとうございます 見ていただけて嬉しいですポチッよろしくですにほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://reorun.blog99.fc2.com/tb.php/1638-1510f0e7